フランチャイズ経営としてのハウスクリーニング事業の魅力

近年、さまざまな業種でフランチャイズ経営の手法が取り入れられてきています。
その中でも、ハウスクリーニング業は、共働き家庭・一人暮らしの高齢者の増加などによりその需要が増してきていることから、フランチャイズの業種として大変人気があります。
その概要としては、まず本部にて、経営に関する座学やハウスクリーニングの技術的な研修を受け、営業活動や宣伝活動などについても指導を受けます。
さらに開業後も、定期的に営業や技術面で研修を受けるなど、さまざまなサポートを継続して受けることができます。

この業種を選ぶメリットとしては、まず低資本で始めることができるというところろが挙げられます。
事業を始めるときにまずネックになるのがお金だと思うのですが、この業種は店舗を構える必要がないので、初期費用を20万円~200万円程度とかなり安く抑えることができます。
また物を売ったり買ったりする商売ではないので、在庫を抱えるリスクがないというところも、運転資金という面ではかなり有利なところです。
その他のメリットとしては、年齢に関係がなく、夫婦で開業できるというところが挙げられます。営業時間も自分で決めることができるので自分のペースで仕事をすることができます。
このように、特別な難しい資格が必要ではなく、少ない自己資金からでも始めることができるハウスクリーニング事業は、ハードルの低い、初心者にやさしいビジネススタイルだと言えます。